MacBook Pro 15インチ Late2011 水没。飲料溢す。データ救出を

昨日、今年のセンバツ出場32校が発表になりました。
昔は今みたいにインターネットも無く、高校野球が始まると
みんな誰もがテレビやラジオで見たり聞いたりしていました。

昨今の男の子が一番好きなスポーツはサッカーで
野球の中継自体も地上波ではあまり見れなくなってしまいました。

また、プロ野球情報といえばフジテレビの「すぽると」でしたが、こちらも3月で終了。
なんだか昔が懐かしいです、野球マンガもいろいろありました。
ドカベン・タッチ・プレイボール・アストロ球団など、など

yakyu

MacBook Pro 15インチ Late2011 飲水を溢す。

「本体キーボードの上にに飲料をかけてしまい、起動しなくなってしまいました。
その為、データが出せない状態になってしまいました。
データだけで良いので取り出す事は可能でしょうか。」

と問合せのメールいただきました。

late2011

キーボードに飲料を溢す。電源が入らず起動できない。電源ボタン・ロジックボードの損傷

キーボードの上からの飲料を溢した場合、飲料がキーボード内に溜まって
電源ボタンを損傷する場合と、飲料が本体中までこぼれ
ロジックボードを場合がと主に二通り考えられます。

検査すると今回は電源ボタンでした。またデータ等が保存されている
ハードディスクは無事でした。

当初はデータのみと言われていましたが
修理で本体が使用できるなら直したいとの事で修理を依頼されました。

MacBook Pro 15インチ Late2011の修理内容と修理費

修理内容は、電源ボタンのみの交換はできませんので
キーボード・電源ボタンを含トップケースの交換となりました。

修理費は、部品代・交換費及び消費税を含め42,700円(検査費・往復送料無料)。

期間は、海外からの部品取り寄せの為、約2週間程度でした。

当店は、渋谷から東横線で中目黒下車 徒歩約12分程度
バスの場合は、渋谷から約20分、目黒警察署前バス停0分になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です