MacBook Pro・MacBook Pro Retina(~2015)・MacBook Airの損傷と内部構造

MacBook Pro・MacBook Pro Retina(~2015)・MacBook Airのロジックボード損傷

MacBook Pro・MacBook Pro Retina(~2015)・MacBook Airの内部構造は

・ロジックボード(メイン基盤)
・ハードディスクまたはSSD
・メモリー(Retina及びAirはロジックボード上)
・バッテリー
・DVDドライブ(Retina及びAirは非搭載) ※他ファンやWiFi等あり

となっており、外装は

・本体ケース(キーボード及びトラックパッド含)
・液晶ディスプレィASSY

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのモデルの損傷のうち
画像が乱れる(映らない)・使用中勝手に電源が落ちる・再起動を繰返す等の不具合は
主にロジックボード(メイン基盤)の損傷が原因です。

MacBook Pro・MacBook Pro Retina(~2015)・MacBook Airのロジックボード修理

以前は、当店でもこのロジックボード自体の修理をおこなっていましたが
その後、修理した箇所のとは別の箇所に損傷が起きる不具合が出始めました。

結局、1枚のロジックボードを何度も修理することになり
かえってご迷惑かけてしまう為
現在は、CPUやGPUのストレステストをクリアし動作確認が取れた
正常なロジックボード自体との交換修理をおこなっています。

内部構造からも判るとおり
このロジックボード(メイン基盤)を交換すると言う事は
本体の中身を丸ごと交換するのと同じで
ロジックボード自体が高額な為、修理費は高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジックボード修理後の動作確認

当店ではロジックボード交換後
さらに長時間(約2~4時間)のストレステストをおこなってから
お渡ししています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です