MacBook Retina 12インチの液晶パネル交換修理

今日は立春。
暦の上では、これから春に向かって暖かくなるはずですが
そんな兆しはまったくなく、今日もとても寒い日です。

先月末朝一番で洗濯、外に干していたシャツがなんと凍りました!
東京に来てはじめての経験。

予報では、この寒さが約2週間程度続くそうですが
春がまちどうしいです!「春よ来い!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)画面に乱れが

「動作は正常ですが、画面が正常に映らない!
画面全体に横線は入り、仕事で使用している為とても困っている」

と直接のご相談をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 液晶パネルの不具合

本体を受取り、検査をしたところ原因は液晶パネル自体の損傷でした。

修理は液晶パネル自体の交換になりました。

画面に横線や縞模様など正常に映らない場合は
今回のように液晶パネル損傷もありますが
画像を映し出す為のグラフィックチップの場合もあります。

簡易ですが外部モニターを接続し、外部モニターが正常でしたら
100%ではありませんが、液晶パネル損傷の可能性が大きいです。

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 液晶パネル交換修理

今回は本体をお仕事で使用しているとの事で
検査後、液晶パネルを手配、入荷後交換作業をおこないました。

作業費及び消費税を含め54,000円(検査費・往復送料無料)。

期間は予定より調整に時間がかかり約3日程度でした。

Retinaディスプレイの場合、画面はきれいですが
その分部品代が通常のLEDパネルと比べ高くなり修理代が高額です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です