PowerMac G4 Mirrored Drive Doors (MDD) 電源が入らない!

今日は12月1日(金曜日)

2017年も残り約1ヶ月弱になりました。
既に忘年会も始まっているようで
年末に向けてイベントが目白押し。

体調に気をつけ新しい年を迎えましょう!!

 

 

 

 

 

 

電源ボタンを押しても、電源ボタンが点滅するだけ。

お電話での問い合わせでした

「電源ボタンを押しても電源ボタンが点滅し、直ぐに消えてしまい電源が入らない」

との事ですので、電源ユニット損傷の可能性があると返答後
本体を送っていただきました。

電源ボタンが点灯、消灯は電源が正常に供給されないサイン

届いた本体を検査したところ、やはり電源ユニットの損傷でした。

電源が入らない原因として、電源ユニットの他
内蔵電池の消耗があります。

内蔵電池の場合は、電源ボタンを押しても何の反応が無く
今回のように一瞬でも電源ボタンが点灯する場合は電源ユニット損傷の可能が高いです。

 

 

 

 

 

PowerMac G4 Mirrored Drive Doors (MDD) 電源ユニット交換修理

今回の修理は電源ユニット自体の交換となり

修理費は、部品代・交換費及び消費税を含め
33,000円(検査費・往復送料無料)。

期間は検査及び部品手配月日も含め4日で作業終了しました。

PowerMac G4は発売されてから約17年あまり経ちますが
印刷業や出版業等ではまだまだ健在のようで
Macの中でも息の長いモデルとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です