iMac (Early 2008) 20インチ電源入らず。原因は湿気?

先日高校時代の友人と博物館・美術館へ行って来ました。
行ったのはレオナルド・ダ・ヴィンチとボッティチェリ
似た時代に活躍した二人で、久々芸術に触れ有意義な1日でした。
今度は、伊藤若冲の動植綵絵を見に行く予定で
今年はいろんな展示会に行こうかと思ってます。

bizyutu

結露または湿気が原因?iMac (Early 2008) 20インチ電源入らず。

「電源ボタンを押しても何の反応も無く、起動できないと」

と問合せの電話いただき、電源ユニットの損傷の可能性があると返答
本体を送っていただきました。

加湿器やクーラーによる湿気が原因か?

iMac20

本体を分解したところ、電源ユニットは問題なく外装のパネルから
ロジックボード・ビデオカードを含む本体の各所に水没の跡があり
ビスやボードなどいたるところにサビが出ていました。

お客様に確認すると水没等は無く、本体は夏はクーラーの風が直接あたるところで使用。
冬には加湿器を何台も使用していたとの事でした。

また、常時使用していた訳ではなく使用頻度は低いと言う事で
湿気によるサビと思われました。

コンピュータが避けなければならないのは、振動、水、熱です。
やはり、使用には直射日光が当らない、風通しの良い場所で使用する事を
心がけてください。

iMac (Early 2008) 20インチの修理内容と修理費

修理内容は、電源ユニット・ハードディスクは問題ありませんでしたので
ロジックボード及びビデオカードの交換となりました。

修理費は、部品代・交換費及び消費税を含め38,800円(検査費・往復送料無料)。

期間は、海外からの部品取り寄せの為、約10日程度でした。

当店は、渋谷から東横線で中目黒下車 徒歩約12分程度
バスの場合は、渋谷から約20分、目黒警察署前バス停0分になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です